【1本70円】コカ・コーラゼロ OTGボトル 500ml×24本 販売

コカ・コーラゼロ OTGボトル
コカ・コーラは、1886年、薬剤師のジョン・S・ペンバートン博士により、米国ジョージア州アトランタで誕生した炭酸飲料。1886年の誕生以来、保存料も人工香料も一切使用していません。炭酸の刺激と独特の味わいで、のどの渇きを癒すだけでなく、ココロとカラダの両方をリフレッシュし、前向きな楽しい気分へとスイッチしてくれます。
購入先:コカ・コーラゼロ OTGボトル 500ml×24本

コカ・コーラならではのおいしさをカロリーゼロで!

「コカ・コーラ ゼロ」は、よりヘルシーなライフタイルを送りたいという、当時消費者の間で広まりをみせていた健康志向を背景に、「コカ・コーラ」ならではの特別なおいしさを、カロリーならびに糖分ゼロで味わえることを基本的なコンセプトに開発され、2005年に米国で販売がスタートしました。

日本での展開に際しては、大規模な消費者調査を実施し炭酸飲料に対するニーズを改めて探りました。その結果から、主に20-30代の男性を中心に、オリジナルの「コカ・コーラ」の味が大好きでその味を楽しみたいが、年齢やライフスタイルなどを考えるとカロリーを取ることにためらいを感じてしまう消費者のグループがいることが分かりました。

当時、日本においてはオリジナルのコカ・コーラに加えて、主に20-30代の女性に軽やかな味わいが支持を集めていた「ノーカロリー コカ・コーラ」が 発売されていましたが、それら2つの「コカ・コーラ」では取り切れないニーズに対する製品として、「コカ・コーラ ゼロ」の導入を決定しました。

米国アトランタ本社の開発チームと綿密なコミュニケーションを図り、複数のプロトタイプの中から日本の消費者から最も支持を集めたものを選定。「コカ・コーラ」本来のしっかりとした味わいと炭酸の刺激を損なわない「コカ・コーラ ゼロ」が誕生し、2007年6月に発売されました。 2007年の発売から6年間で累計60億本の販売を突破。ナンバーワンゼロカロリー炭酸飲料として愛飲されています。