灯油代節約方法のまとめ

灯油の節約

高い灯油代を節約する。

寒くなってくると欲しくなると石油ストーブ。
灯油代は時期によって価格がどんどん高騰し、気づけば家計を圧迫しています。

寒くなればなるほど灯油代がかかります。
今回は灯油代を出来るだけ節約する方法をまとめました。
無理なく節約することが重要です。

室温は温度は20度未満に設定

ストーブなどの温度設定が20度未満が適温とされています。

一般的に冬用の服装であれば20度未満が適温に感じられるとされています。

設定温度を1度下げるだけでも
年間で80リットル以上の節約
が出来ます。

また、1度下げることによって年間約5000円以上の節約が可能です。

熱くなったら温度を下げるなど、こまめな温度設定の変更でも節約効果が期待できます!

一番の灯油節約方法は厚着をする

エコをすることは家計の節約にも繋がります。
冬の寒さにはなるべく着込んで灯油代を節約しましょう。

服を一枚着ると体感温度は2度以上上がると言われています。
たくさん着れば、暖房器具なしでも過ごせると思います。

簡単にできて、一番の節約。今まで家の中では薄着だった人は見なおしてみましょう。

最後に行う暖房器具の見直しで節約

薪ストーブ
暖房器具が古かったり、正しくメンテナンスをしないまま利用していると、
通常より、灯油や電気を食います。何より状況に応じた暖房を利用することで節約が可能です。

家電を買い替えて、節約ができる器具を買うのも一つですが、元を取るためには何年も掛かります。

そのため、今ある暖房器具(エアコン、石油ストーブ、こたつ、湯たんぽ)などを使いこなし、
灯油が値上がりしたらエアコン、灯油が下がったら灯油にするといいでしょう。

灯油やエアコンの設定温度などを見直し、一番安い暖房の方法を使いましょう。

風邪などを引かないよう、無理の無い節約をしていきましょう。