会社にばれずに副業するのに知っておく 3つポイント

税金対策
現在副業を行う人が増えてきました。
今回、サラリーマンや、主婦の方が知っておくべきことをまとめました。
副業を会社にばれないようにしたり、税金などに対して、対策をしていないことが多いです。
これらは事前にしっかり対策をおこないましょう!!

会社に副業がばれないようにする対策

確定申告をする際、住民税の納付方法によって、会社に他の収入があることが分かります。

会社によっては副業をしてはいけない場合も多いです。
会社には分からない方法で確定申告の方法を行いましょう。

確定申告をする際、住民税の徴収方法を選べます。
「特別徴収」だと会社に副業がバレてしまうので、「普通徴収」にして自分で納付するようにしましょう。

普通徴収にすれば個別に請求書が自宅に届きます。
会社に知られることなく税金を納付することができます。

年間20万円以上稼いだら確定申告が必須

元もとサラリーマンなどで所得のある人は、副業が20万円以下の場合確定申告の必要はありませんが
20万円を越えれば確定申告する必要があります。

扶養に入られている専業主婦の方などの場合は
年間38万以下の所得ならば確定申告をしなくて良いです。

上記の収入額を少し出たぐらいでは税務調査の対象になることが少ないですが、
税務調査が入ると非常に面倒なので必ず申告はしましょう。